植物性乳酸菌とは?期待できる効果と摂取できる食べ物と製品

植物性乳酸菌とは?期待できる効果と摂取できる食べ物と製品

乳酸菌は腸や全身の状態をよくしてくれるとてもうれしいものです。便秘や肌荒れの解消、アレルギー症状の軽減まで幅広い効果が見込まれていますので、積極的に取り入れたいものです。

しかし、「乳酸菌」と呼ばれるものの中には、「植物性乳酸菌」があります。私たちが通常「乳酸菌」と呼ぶものと異なるものなのでしょうか。植物性乳酸菌の性質などをご説明します。




1.植物性乳酸菌とは?

植物性乳酸菌とは?

ヨーグルトや乳酸菌飲料のほとんどは、「動物性乳酸菌」です。動物性乳酸菌は、牛乳など栄養豊富な動物性タンパク質を発酵させたものです。

一方、植物性乳酸菌は、植物に付着している乳酸菌で、漬物にするため漬け込み発酵させたものです。お世辞にも栄養豊富とはいえない環境下でも発酵できるとても強い乳酸菌で、種類によっては胃酸にも強い性質を持っています。

2.植物性乳酸菌を摂取することで期待できる効果

こんな「タフ」な植物性乳酸菌を摂取することによって、何を期待することができるのでしょうか。基本的に動物性乳酸菌と変わりはありませんが、改めて植物性乳酸菌摂取によって見込める効果をお知らせします。

2-1.便秘解消

便秘解消

便秘を解消するには、食物繊維の摂取が不可欠であることはご存じのとおりです。植物性乳酸菌は漬物などで摂取できますので、「乳酸菌+食物繊維」を上手に補給することができることが植物性乳酸菌の大きな特徴です。

2-2.花粉症などのアレルギー症状の予防・緩和

花粉症などのアレルギー症状の予防・緩和

花粉症をはじめとしたアレルギー症状は、体内に入り込んだ異物に免疫細胞が反応し戦っている状態です。一方でその戦いが過剰にならないよう見守っている免疫細胞もあります。この「戦い」「鎮静」のバランスを正常な状態に戻す作用が確認されている植物性乳酸菌があります。

2-3.消化器系トラブルの解消

生きたまま腸に届く可能性の高い植物性乳酸菌は、腸内を弱酸性の環境に保つことに役立ってくれます。これは多くの種類で弱アルカリ性を好む悪玉菌の増殖・活動を抑制することに繋がります。

腸内をよい状態に導くことにより、腸などが本来の状態に戻りやすくなり、消化器系のトラブル解消・防止を見込むことができます。

3.植物性乳酸菌を含む食べ物

では、どのような食品を食べれば植物性乳酸菌を摂ることができるのでしょうか。動物性乳酸菌と異なり、植物性乳酸菌を含む食品は思った以上に私たちの生活に根付いています。

3-1.ザワークラウト

ザワークラウト

キャベツを切り、塩漬けにして発酵させたザワークラウトは、肉料理の付け合わせとして出てくるおなじみの食品です。植物性乳酸菌だけでなく、キャベツ含有のビタミンCによるシミ予防・コラーゲン生成促進効果もありますので、特に女性にうれしい食べ物です。

3-2.キムチ・水キムチ

キムチ・水キムチ

キムチもまた、植物性乳酸菌を多く含む食品です。白菜をベースにしながら各家庭で材料や作り方の異なる韓国料理の一つですが、乳酸菌発酵させることは共通しています。

植物性乳酸菌の量が多い食品にあげられますが、生のにんにくのニオイが苦手、おなかを壊してしまうという方には「水キムチ」がおすすめです。キュウリや大根、白菜などを薄味の出汁につけて発酵させます。作り方は、スープまで飲むことが前提ですのでにんにくは使わない(使ってもごく少量)です。ニオイはあまり気になりません。

3-3.ぬか漬け

ぬか漬け

ぬか漬けも、乳酸菌の多い食品のひとつです。特に手作りのぬか漬けは、ぬか床自体に乳酸菌を含んでいるのでおすすめです。何度も野菜を漬け込むことで、植物性乳酸菌が増え、乳酸菌の効果を期待できるようになります。新しいぬか床には、古いぬか床を混ぜる、という作り方がありますが、これは植物性乳酸菌を受け継ぐという大切な「儀式」のようなものです。

3-4.なれ寿司

なれ寿司

日本各地には、川魚・海魚・山菜などを保存するために発酵させた食べ物が伝承されています。お米や麹とともに漬け込むことで保存性を高めながら味わいを深める技術ですが、これを酢飯と共に食べるのがなれ寿司です。

酢飯と組み合わせる魚や山菜、作り方により味は大きく異なりますが、それこそが乳酸菌の違いです。

3-4.昔ながらの漬物

古くから伝わるしば漬けやすぐき漬けもまた、保存用に植物性乳酸菌の働きを活用した漬物です。しかしながら、スーパーで簡単に手に入る漬物は、味を「コピー」した調味液を使用した簡易的なものが多く、植物性乳酸菌を摂取することが難しいものも少なくありませんので注意してください。

4.植物性乳酸菌を含む製品「ラブレ」とは?

植物性乳酸菌について調べたことのある方ならば、「ラブレ」という文字を一度は目にしたことがあるでしょう。これは京都の伝統的な漬物であるすぐき漬けから採取された植物性乳酸菌、「ラブレ菌KB290株」を利用したヨーグルトです。

スーパーで見かけることも多い商品ですので試してみた結果「ラブレは体に合うようだ」と感じた方にはサプリメントは便利です。もしもラブレのサプリメントが気になるときは、以下のページで口コミをチェックしてみてください。

55人に聞いた!植物性乳酸菌ラブレの効果(口コミあり)

2016.11.16

まとめ

乳酸菌は、「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」に大別されます。効果は概ね同等ですが、植物性乳酸菌は酸に強い・日本人の食生活にマッチしやすいという点で軍配があがります。

  • 植物に付着した菌を利用して発酵させるもので、酸に強く腸まで届くという特徴がある
  • 漬物なら、「乳酸菌+食物繊維」を同時に摂取でき、便秘予防・便秘解消に効果的
  • 異物を攻撃する免疫細胞と、戦いを鎮める免疫細胞のバランスを整えてアレルギー症状を予防・緩和してくれる
  • 腸内を弱酸性に保つことができ、悪玉菌が住みにくい腸内環境にすることで、腸や全身状態を健全に保てる
  • ザワークラウトやキムチ、ぬか漬け、なれ寿司、古くから伝わる製法の漬物で植物性乳酸菌を摂取できる
  • 乳酸菌飲料「ラブレ」は、すぐき漬けから採取された植物性乳酸菌を使用した商品で、ドリンクタイプとサプリメントのタイプがある