インフルエンザ予防にはヨーグルトが効果的だった!おすすめのヨーグルトの種類5と食べ始める時期

インフルエンザ予防にはヨーグルトが効果的だった!おすすめのヨーグルトの種類5と食べ始める時期

10月も近くなると、インフルエンザへの対策が必要です。手洗いやうがいを習慣化し、必要に応じてマスクも用意しておきましょう。それ以外にインフルエンザへの対策として、ヨーグルトの摂取をおすすめします。

免疫力をアップさせてくれるというヨーグルトはどれを選べばよいのでしょうか。インフルエンザ対策として取り入れたい効果的なヨーグルトをお教えします。

1.腸内環境を整えると免疫力が上がる仕組み

腸内環境を整えると免疫力が上がる仕組み

インフルエンザや風邪などの菌に初期対抗する免疫細胞は「NK(ナチュラルキラー)細胞」です。NK細胞は全身を巡りながら、菌やウイルスなどの異物を発見し次第攻撃をする性質を持っています。

一方で「樹状細胞」は敵を食べて確認し、その特徴を他の免疫細胞に示す司令官として働きます。この司令官からの「手配書(似顔絵)」を受け取った他の免疫細胞は、インフルエンザウイルスだけを目掛けて攻撃しはじめます。この仕組みを利用したのが、インフルエンザワクチンの予防接種です。

これらの免疫細胞のシステムを食品の摂取により強化すれば、免疫力が上がり、体調を崩しにくい状態をキープできます。

2.ヨーグルトにインフルエンザの予防効果がある?

ヨーグルトにインフルエンザの予防効果がある?

腸には、免疫細胞の約6割が集中しています。上で触れたとおり、免疫細胞には多くの種類があり働き方こそ違うものの、人体に有害な菌や、菌に感染した細胞を攻撃する仕組みを作り上げています。それらの約6割が存在する腸内環境を整えれば、インフルエンザへの抵抗力もあがります。

乳酸菌やビフィズス菌は、腸内でお互いに協力しながら人体に必要な物質を作り出す性質をもっています。免疫細胞や免疫システムを活性化する乳酸菌(ヨーグルト)の種類もあり、中にはインフルエンザ予防・インフルエンザの症状を軽減してくれるものがあります。

3.インフルエンザ予防のためにヨーグルトを食べる時期と食べ方

インフルエンザ予防のためにヨーグルトを食べる時期と食べ方

大前提として、「インフルエンザの流行が見込まれる時期よりも早く」摂取し始めなければなりません。インフルエンザが本格的に流行するまでに、体内の免疫機構を鍛え上げておく必要があるからです。

その年によって流行のピークは変化しますから、万が一に備えて、本格的に冬物の服を着るようになる頃に、インフルエンザ予防に効果があるとされるヨーグルトを食べ始めておくべきです。

毎日摂取することがベストな食べ方といえますが、特定の乳酸菌がインフルエンザ抑制に効果があるかどうかのテストでは、週に3日の摂取でもある程度の効果があったとの結果が出ています(<参考資料>「プラズマ乳酸菌」摂取によるインフルエンザ罹患率の抑制を確認│キリン)。可能であれば毎日、つい忘れるという方でも3日と空けずに摂取することが望ましいです。

4.インフルエンザ予防に効果的なおすすめのヨーグルト5

では、インフルエンザ予防(もしくはインフルエンザにかかっても症状を軽くしてくれる)ヨーグルトにはどんなものがあるかご説明します。

4-1. 明治プロビオヨーグルトR-1:ラクトバチルス・ブルガリクスOLL1073R-1(R-1)

体内をパトロールし、侵入した異物に初期対応するNK細胞を活性化する働きが認められています。

4-2. カゴメ植物性乳酸菌ラブレプレーン:ラクトバチルス・ブレビス・サブスピーシス・コアギュランス(ラブレ菌)

ウイルスが体内に侵入、感染したときに作られるタンパク質のひとつに「インターフェロンα」があります。ウイルス増殖を抑える役割を担っていて、ラブレ菌摂取により活性化されることがわかっています。

4-3. プラズマ乳酸菌ヨーグルト:ラクトコッカス・ラクティスJCM5805株(プラズマ乳酸菌)

免疫細胞のひとつであるプラズマサイトイド樹状細胞を活性化し、他の免疫細胞に対して活発に指令を出すように働きかける乳酸菌です。

4-4. カラダ強くするヨーグルト ラクトフェリンとビフィズス菌BB536:ラクトバチルス・パラカゼイMCC1849株(シールド乳酸菌M-1)

NK細胞を活性化させるインターロイキン(免疫細胞同士の伝達物質)12の分泌を促す力が他の乳酸菌より強いことがわかっています。

まとめ

体調を崩しやすい冬場も健康でいるためには、流行性の病気に罹患しないよう体調を整えるヨーグルトを摂取することと、手洗い・うがいなどの癖付けが大切です。

  • 腸には免疫細胞の約6割が集まっているので、腸内に良い菌を取り入れることを心がける
  • インフルエンザの流行時期に入る前に、ヨーグルトを食べ始め免疫力を上げる
  • 毎日食べるのが望ましいが、何らかの理由により欠かしてしまうときでも3日は空けない
  • インフルエンザ予防(かかっても症状を軽くする)効果があるとされるヨーグルトを選んで食べる

インフルエンザ予防にはヨーグルトが効果的だった!おすすめのヨーグルトの種類5と食べ始める時期

あなたに効果のある乳酸菌サプリが知りたくありませんか?

乳酸菌サプリメントは人によって”あう””あわない”があると言われています。また、それを見極めるためには2~4週間使い続けてみないと分かりません。

しかし、時間もお金も無駄にはしたくありませんよね。

当サイトでは、300人に効果のあった乳酸菌サプリメントについて聞いてみました。評価点をもとにランキングを付けています。あなたの乳酸菌サプリメント選びに少しでも役立てれば幸いです。