38種を網羅!乳酸菌の種類ごとの特徴と期待できる効果まとめ

乳酸菌の種類

便秘からアレルギー、ダイエットや口臭にまで効果があるのではと注目の乳酸菌。顕微鏡でしかみえない小さな乳酸菌は、私たちの健康状態に大きな影響を及ぼしていて、その研究も進んでいます。体にいいという理由で乳酸菌飲料やヨーグルトを食生活に取り入れている人は多くいます。あなたもその一人ではないでしょうか?しかし、あなたが毎日頑張って摂取し続けているその乳酸菌、本当に望む効果が得られそうなものですか?

そこでここでは、乳酸菌の種類ごとに期待できる効果をまとめてみました。その数なんと38種類!あなたが望む効果が得られる乳酸菌もきっと見つかるはずですよ。



1.乳酸菌とは

乳酸菌は、その活動の結果乳酸を生み出す細菌のことです。食品の保存や加工を目的に乳酸菌の働きを利活用し、古くから発酵乳製品・ぬか漬け・キムチ、魚を乳酸発酵させて作るなれずしが作られてきました。私たちは乳酸菌そのものを意識せずに摂取してきましたが、腸内の環境と免疫力の関係が少しずつわかってくるにつれ、注目されるようになりました。

「乳酸菌ってそんなに多くの種類があるの?」「それぞれどんな働きをするの?」という疑問がわいてきませんか。

乳酸菌のご説明に入る前に大切なことをお伝えしたいと思います。

  • 同じ菌でも人によって合うもの・合わないものがある
  • 体調は常に一定ではないので、かたよらずに摂取するとよい
  • 乳酸菌の効果はゆっくり表れるので、毎日摂取するとよい
  • 乳酸菌は薬ではないので効果が保証されているものではない

1-1.乳酸菌とビフィズス菌の違い

ビフィズス菌はヒトの腸内に住む善玉菌のほとんどの部分を占めていて、いくつもの種類があります。腸内で糖を分解して乳酸と酢酸をつくりますので、厳密に言うとビフィズス菌は乳酸菌ではありません。しかしながら、体に及ぼす影響はほぼ同じ、乳酸菌の一種とされますのでこのページではビフィズス菌も含みます。酢酸は悪玉菌の増殖を抑える働きを示します。

2.乳酸菌38種の特徴と効果まとめ

2-1.便秘解消を期待できる乳酸菌の種類

便秘解消に効果のある乳酸菌

2-1-1.ビフィドバクテリウム・ロングムSBT2928株(SBT2928株)

ビフィズス菌を厳選した「ビフィズス菌SP株」は、胃や小腸を通ってきた食物を便にする大腸に住むヒト由来の菌。整腸作用があり、生きたまま大腸に定着することが期待されています。O-157などの大腸菌感染リスクを低下させる働きもあります。

期待できる効果
  • 便秘解消(整腸作用)
  • 病原性大腸菌・毒素原性大腸菌への抵抗力
  • 免疫細胞の活性化
摂取できる食品
  • ナチュレ恵megumi(雪印メグミルク)

2-1-2. ビフィドバクテリウム・ロングムBB536(BB536)

健康な乳児から発見されたヒト由来のビフィズス菌で、酸素・酸性に比較的強いという性質があります。1969年の発見から30年、排便回数の増加、大腸リスク菌と考えられるETBF菌を除菌する効果も確認されています。

期待できる効果
  • 便秘解消(整腸作用)
  • O-157などの感染防御
  • インフルエンザ発症予防
  • 抗アレルギー作用
摂取できる食品
  • ビヒダスプレーンヨーグルト(森永乳業)

2-1-3. BE80(DN-173)

BE80を摂取すると、食べたものが消化器官内を通過する時間が短くなったという報告があります。工場から出荷されたときから菌の量が減ってしまう他の食品とは異なり、BE80の含まれているヨーグルトは賞味期限まで菌の数がほぼ変化しないのが特徴です。

期待できる効果
  • 悪玉菌の抑制
  • 女性・高齢者において腸管通過時間の短縮(便秘傾向の解消)
摂取できる食品
  • ダノンビオプレーン/加糖(ダノンジャパン)

2-1-4.ラクトバチルス・カゼイNY1301株(カゼイ菌)

食物を消化する際に必要な胃液や胆汁に強いので、生きたまま腸に届きやすく、腸で増えやすいという特徴があります。カゼイ菌が糖を分解するときに発生する酸が、善玉菌を増やす働きを示します。

期待できる効果
  • 便秘解消(整腸作用)
  • 免疫力の向上
  • 悪玉菌の抑制
  • 感染症の予防
摂取できる食品
  • ピルクル(日清ヨーク)

2-1-5.ビフィドバクテリウム・ラクティスFK120株(FK-120株)

デンマークから取り寄せたこのビフィズス菌は酸に強く、腸まで届く性質を持っています。善玉菌を増加させ、トイレに行く回数・量が増えたことが確認されています。特に高齢者でその効果が高いとされました。

期待できる効果
  • 便秘解消(整腸作用)
  • ウイルス・病原菌感染を抑制
  • 腸内環境の改善
摂取できる食品
  • たべるデンマークヨーグルト/のむデンマークヨーグルト(デンマークヨーグルト)

2-1-6.ラクトバチルス・プランタラムHSK201株(HSK201株)

酸味の強いキャベツの漬物(ザワークラウト)の植物性乳酸菌。酸に強い特徴を持っていて、胃液にも耐え腸に届き、腸に付着して留まることがわかっています。整腸作用やアレルギー症状の改善が期待できます。

期待できる効果
  • 便秘解消(整腸作用)
  • アレルギー症状改善
  • 免疫力の向上
  • 花粉症の症状緩和
摂取できる食品
  • ときめきカフェ ビッギー(日本ルナ)

2-1-7.LB81乳酸菌

ラクトバチルス・ブルガリカス2038株とストレプトコッカス・サーモフィラス1131株を組み合わせたもの。腸内の細菌バランスを調整して便通をスムーズにすることがわかっています。便の質や体調もよくなるとする検査結果も出ています。

期待できる効果
  • 便秘解消(整腸作用)
  • 腸管バリア機能の向上
  • 腸内の免疫細胞の働きを保つ
摂取できる食品
  • 明治ブルガリアヨーグルトLB81(明治)

2-1-8. ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株/ L.カゼイYIT9029(ヤクルト菌)

食物消化のために必要な胃液や胆汁にも負けずに腸に届く乳酸菌。腸内のビフィズス菌を増加させ、有害物質(インディカン)を減少させる効果が確認されています。1935年にヤクルトとして発売されました。

期待できる効果
  • 便秘解消(整腸作用)
  • 腸内で発生する有害物質の抑制
  • アレルギー抑制効果
  • 免疫力の向上
摂取できる食品
  • ヤクルト/ヤクルト400LT/ヤクルトゴールドなどのヤクルトシリーズ(ヤクルト)

2-1-9. ラクトバチルス・ラムノーサスGG株(LGG乳酸菌)

生きたまま腸に届き、腸内にとどまる時間も長いのがLGG乳酸菌の特徴です。世界でも注目されているLGG乳酸菌はフィンランドのバリオ社が商業権をもっていて、日本で契約しているのはタカナシ乳業のみです。

期待できる効果
  • 便秘解消(整腸作用)
  • インフルエンザなどの感染症の予防
  • アトピーの予防
摂取できる食品
  • ヨーグルトおなかへGG!(タカナシ乳業)

2-1-10. ラクトコッカス・ラクティス・サブスピーシーズ・クレモリスFC株(クレモリス菌FC株)

生きた状態で腸まで届くことと、独特の粘りが特徴です。便秘や大腸炎の解消や、便の質の改善効果があることがわかっています。免疫細胞であるNK細胞やT細胞からIFN-γを生み出す力を引き出すこともわかっています(IFN-γ=抗ウイルス・抗腫瘍作用をもつ)。

期待できる効果
  • 便秘解消(整腸作用)
  • インフルエンザなどの感染症の予防・症状の緩和
  • 免疫力の向上
摂取できる食品
  • カスピ海ヨーグルト(フジッコ)

2-2.風邪やインフルエンザ予防など免疫力アップを期待できる乳酸菌の種類

風邪やインフルエンザ予防など免疫力アップを期待できる乳酸菌の種類

2-2-1. ラクトバチルス・ブルガリクスOLL1073R-1(R-1)

常に体内をめぐり、体内に侵入したウイルスなどの異物に即座に反応するNK細胞活性化の働きが認められている乳酸菌です。風邪やインフルエンザにかかりにくくなり、免疫力を高める乳酸菌として認知され、一時品薄になったほどです。

期待できる効果
  • 風邪やインフルエンザなどの罹患リスク低減
  • 免疫力向上
  • 感染性ウイルスの数を抑える
摂取できる食品
  • 明治プロビオヨーグルトR-1(明治)

2-2-2. ラクトバチルス・ブレビス・サブスピーシス・コアギュランス(ラブレ菌)

京都の伝統的漬物「すぐき漬」から発見された乳酸菌です。酸に強く、腸内で多くの乳酸を作ることができますので、悪玉菌の抑制をします。NK細胞の活性化や、その他の免疫細胞の働きを強化するインターフェロン産生を強化します。

期待できる効果
  • 免疫力向上
  • インフルエンザ発症の抑制
摂取できる食品
  • すぐき漬
  • カゴメ植物性乳酸菌ラブレプレーン(カゴメ)

2-2-3. ラクトコッカス・ラクティスJCM5805株(プラズマ乳酸菌)

体内に入り込んだウイルスを取り込み認識、他の免疫細胞にその情報を与えて活性化するプラズマサイトイド樹状細胞を刺激する乳酸菌。かぜやインフルエンザの症状緩和、インフルエンザの罹患率を低減することが確認されています。

期待できる効果
  • 免疫力向上
  • インフルエンザ発症の抑制
  • ロタウイルス症状緩和(マウス試験)
  • アンチエイジング効果(マウス試験)
摂取できる食品
  • まもるチカラのサプリすっきりヨーグルトテイスト/まもるチカラのみず(キリン)
  • プラズマ乳酸菌ヨーグルト/プラズマ乳酸菌のむヨーグルト(小岩井乳業)

2-2-4.ラクトバチルス・パラカゼイMCC1849株(シールド乳酸菌M-1)

シールド乳酸菌M-1は小腸パイエル板を刺激しインターロイキン12を多く分泌させ、それによってNK細胞を活性化するという特徴があります。NK細胞はウイルスに感染した細胞やがん細胞をも攻撃する可能性が示されています。

期待できる効果
  • 免疫力向上
  • インフルエンザ発症の抑制
  • インフルエンザの症状の軽減
摂取できる食品
  • カラダ強くするヨーグルト ラクトフェリンとビフィズス菌BB536(森永・宅配専用品)
  • シールド乳酸菌M-1みそ汁(永谷園)
  • フルッタアサイーグラノーラ乳酸菌100億個plus(フルッタフルッタ)

2-2-5.ストレプトコッカス・サーモフィラスST9618株

高齢者を対象とした試験において、風邪やインフルエンザの発症率と、症状の緩和傾向が観察されています。B細胞や樹状細胞が他の免疫細胞を活性化させるインターロイキン12を多く産出させる傾向が報告されています。

期待できる効果
  • 免疫力向上
  • 風邪・インフルエンザ発症の抑制
  • 風邪・インフルエンザの症状の軽減
摂取できる食品
  • チチヤスクラシックヨーグルト(チチヤス)

2-2-6.ラクトバチルス・プランタラムSN13T株(SN13T)

植物由来の乳酸菌で、腸内の過酷な環境にも耐え腸まで届きます。果汁で培養し、抗ピロリ菌作用のあるカテコールやチロソールを産生させています。整腸作用も高く、腸内環境向上による免疫機能アップも期待できます。

期待できる効果
  • ピロリ菌の働きを抑制
  • 便秘解消(整腸作用)
  • 免疫力向上
摂取できる食品
  • SN13Tドリンクヨーグルト(高原あせひら乳業)

2-2-7.ラクトバチルス・ガッセリーOLL2716株(乳酸菌OLL2716株)

酸性の環境下にも耐え、胃内部の上皮細胞へ接着しピロリ菌の活動を低下させます。ピロリ菌除菌治療と併用すれば、除菌成功率が10%も高まるという検査結果が出ています(除菌治療のみのグループと比較して)。

期待できる効果
  • ピロリ菌の働きを抑制
  • 便秘解消(整腸作用)
  • 免疫力向上
摂取できる食品
  • 明治プロビオヨーグルトLG21(明治)

2-2-8.ラクトバチルス・ラムノーザスKO3株(L8020菌)

二川教授(広島大学)が健康な子どもの口腔内で発見した乳酸菌。虫歯の原因菌であるミュータンス菌や歯周病菌のうち4種に対するヒト試験でもその効果が確認されています。歯の健康を保つ「8020運動」にちなんでL8020菌と名づけられました。

期待できる効果
  • 虫歯菌の増加抑制
  • 歯周病菌の増加抑制
摂取できる食品
  • 8020ヨーグルト/8020のむヨーグルト/8020乳酸菌のむヨーグルト(四国乳業)

2-2-9. ラクトバチルス・サリバリウスTI2711株(乳酸菌LS1)

ヒト由来の善玉菌であるTL2711株は、歯周病菌の中でも手ごわいとされる「ジンジバリス菌」を減少させたという試験結果があります。口内の細菌バランスを整えることによって健康な環境を得られると期待されています。

期待される効果
  • 歯周病菌の増加抑制
  • 口臭予防
摂取できる食品
  • システマ歯科用オーラルケアヘルスタブレット(ライオン)
  • 乳酸菌LS1 SUPERクリーンミント味/乳酸菌LS1 SUPER分包タイプ/乳酸菌LS1 SUPERお出かけ用シートタイプなど(フレンテ・インターナショナル)

2-2-10.ラクトバチルス・ロイテリ菌・プロデンティス菌株

健康なヒトの母乳から採取し培養したものです。ロイテリ菌は「ロイテリン」という天然の抗生物質を分泌しますし、多くの病原菌の増殖を抑制します。歯周病・虫歯・口臭予防を期待することができます。

期待できる効果
  • 歯周病菌の増加抑制
  • 虫歯菌の増加抑制
  • 口臭予防
摂取できる食品
  • プロデンティス(バイオガイアジャパン)

2-3.美肌効果を期待できる乳酸菌の種類

美肌効果を期待できる乳酸菌の種類

2-3-1. ビフィドバクテリウム・アニマリス亜種ラクティスLKM512(ビフィズス菌LKM512)

胃液や胆汁に負けず腸に届く乳酸菌で、細胞の生まれ変わりを助けるポリアミンを作ります。アトピー性皮膚炎の症状緩和が確認されていて、マウス試験では内臓健康状態や毛艶の維持も観察されています。

期待できる効果
  • アトピー性皮膚炎のかゆみの軽減
  • 抗炎症作用
  • 腸管のバリア機能の促進
摂取できる食品
  • 増加型ビフィズス菌LKM512ヨーグルト(協同乳業)

2-3-2. ラクトコッカスラクチスH61株

チーズを製造する種菌から採取した乳酸菌で、抗酸化作用があることは知られていました。ヒト試験では肌状態が気になる50~60代で肌水分量がアップし、毛穴が目立たなくなったという回答を多く得ています。

期待できる効果
  • 肌の水分量低下防止
摂取できる食品
  • のむヨーグルトLilia(常陸農業協同組合)
  • いきいききれいをめざすあなたへ。(小美玉ふるさと食品公社)

2-3-3.ラクトバチルス・サケイLK-117(LK-117)

天然の乳酸菌で培養する「生(き)もと造り」で仕込む酒造りから生まれる乳酸菌です。抗アレルギー作用が高く、アミノ酸とペプチドを多く含むことから、季節によって肌の状態が変わりやすい方におすすめできます。

期待できる効果
  • アレルギー性の肌荒れ症状緩和
  • アミノ酸による肌の保湿機能向上
摂取できる食品
  • 酒蔵の乳酸菌 米のしずく(菊正宗酒造)

2-3-4. エンテロコッカス・フェカリスFK-23株抽出物(乳酸菌フェカリスLFK)

乳酸菌のFK-23から抽出した成分であるLFKは、赤ら顔の「酒さ」に効果があったと考えられる改善率が67%との結果が出ています。動物検査では、色素沈着を30%以上抑制できています。

期待できる効果
  • 酒さの症状の緩和
摂取できる食品
  • チサホワイト(ニチニチ製薬)

2-3-5. ラクトバチルス・アシドフィルスL-55株(アシドフィルス菌)

空腹時の胃の酸性度にも耐えることで知られているのがL-55乳酸菌です。腸管の中に付着する能力も高く、長く留まることも確認されています。アシドフィルス菌は、豆乳などのイソフラボンをより吸収しやすいアグリコン型に変換します。

期待できる効果
  • イソフラボン成分を効果的に吸収することによる美肌効果
  • 抗アレルギー作用によるアトピー性皮膚炎症状緩和
摂取できる食品
  • たっぷり生乳ヨーグルト/おいしく果実《フルーツシリーズ》/低糖低脂肪ヨーグルト(オハヨー乳業)

2-4.ダイエット効果・プリン体吸収抑制を期待できる乳酸菌の種類

ダイエット効果・プリン体吸収抑制を期待できる乳酸菌の種類

2-4-1.スマート乳酸菌

漬物から採取した乳酸菌。ダイエットに効果的とされるカテキンの吸収率を向上させ、実際に内臓脂肪を減少させることができたことがマウス実験で確認されました。茶カテキンの主成分EGCgを腸内で吸収しやすいEGCに変換します。

期待できる効果
  • 内臓脂肪や皮下脂肪を減少させる
  • メタボリックシンドロームの防止
摂取できる食品
  • スマート菌(SVELTY)
  • スマート乳酸菌のお酒(中国醸造株式会社)

2-4-2. ペディオコッカス・ペントサセウスLP28株(LP28株)

竜眼果実から採った乳酸菌。体脂肪率やコレステロールの低下がヒトに対する試験でも確認されています。マウス試験では、脂肪滴(細胞の中にある小さな脂肪のまとまり)の消失も確認され、脂肪肝の改善が実証されました。

期待できる効果
  • 内臓脂肪や皮下脂肪を減少させる
  • メタボリックシンドロームの防止
摂取できる食品
  • LP28植物乳酸菌ドリンクヨーグルト(高原あせひら乳業)

2-4-3. ビフィドバクテリウム・ブレーベ B3(ビフィズス菌B-3)

乳児から発見・採取したビフィズス菌で、体脂肪や体重の増加を抑制することがヒト試験でも確認されています。また糖尿病患者を中心とした試験でも、体脂肪の量を減少させ、悪化した肝臓機能を改善する傾向が確認されています。

期待できる効果
  • 内臓脂肪や皮下脂肪を減少させる
  • メタボリックシンドロームの防止
摂取できる食品
  • 森永ビースリー(森永乳業)

2-4-4. ラクトバチルス・ガセリSBT2055株(ガセリSP株)

ヒト由来の乳酸菌。腸内に定着し生き続ける力く、便の中の腐敗物質が減少することがわかっています。ヒト試験で、1日1個のガセリ菌SP株入りヨーグルトを12週間摂取すると、内臓脂肪面積が明らかに減少したことが確認されました。

期待できる効果
  • 内臓脂肪や皮下脂肪を減少させる
  • メタボリックシンドロームの防止
摂取できる食品
  • ガセリ菌SP株ヨーグルト/ガセリ菌SP株ヨーグルトドリンクタイプ/ガセリ菌SP株ヨーグルトアロエ/ガセリ菌SP株豆乳仕立て(雪印メグミルク)

2-4-5.ラクトバチルス・ガッセリーPA-3(PA-3乳酸菌)

プリン体を腸内で吸収されにくい形に変化させる、自らの中にプリン体を取り込み栄養源として使う働きが確認されたのが乳酸菌PA-3株です。投薬によって尿酸値を上げたラット試験では、血清尿酸値が減るという現象が確認されています。

期待できる効果
  • 乳酸菌がプリン体を分解・摂取することによる尿酸値抑制
摂取できる食品
  • 明治プロビオヨーグルトPA-3/明治プロビオヨーグルトPA-3ドリンクタイプ(明治)

2-6.花粉症・アトピー性皮膚炎などアレルギー抑制を期待できる乳酸菌の種類

花粉症・アトピー性皮膚炎などアレルギー抑制を期待できる乳酸菌の種類

2-6-1.ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株(L-92乳酸菌)

ヒト由来の乳酸菌で、ヨーグルトなどからは摂取できません。アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎、花粉症などの症状緩和が報告されています。ヒト試験では、花粉症の方が悩む鼻と眼の症状が緩和され、医薬品の使用頻度が減っていることもわかりました。

期待できる効果
  • アレルギー性鼻炎の症状緩和
  • 花粉症の症状緩和
  • アトピー性皮膚炎の症状緩和
摂取できる食品
  • アレルケアL-92乳酸菌(サプリメント)/アレルケアL-92乳酸菌《甜茶パワープラス》(サプリメント)/アレルケアL-92乳酸菌(乳性飲料)(アサヒカルピスウェルネス)
  • 守る働く乳酸菌L-92乳酸菌配合(アサヒ飲料)

2-6-2. テトラジェノコッカス・ハロフィラスTh221株(植物性乳酸菌Th221株)

醤油もろみから発見した乳酸菌のひとつ。アレルギー症状を起こさせたマウスでは、免疫細胞のTh1細胞とTh2細胞のバランスが整っている状態(アレルギー症状改善)を実現するために、植物性乳酸菌Th221株とメカブフコイダンの組み合わせが有用と確認されました。

期待できる効果
  • アレルギー性鼻炎の症状緩和
摂取できる食品
  • キッコーマンアレルクリアプラスタブレット(キッコーマン)

2-6-3. 植物性ナノ型乳酸菌SNK

長野県の「すんき漬け」由来の乳酸菌。免疫細胞間の伝達物質IL-12やIFN-αを作り出す手助けをすることで、免疫力をアップすることがわかっています。菌体をより細かくし、体内に取り込みやすくしたのが植物性ナノ型乳酸菌SNKです。

期待できる効果
  • 免疫力の調整
  • 体質改善
摂取できる食品
  • 乳酸菌3000++(クオーレ)

2-6-4.エンテロコッカス・フェカリスEC-12(EC-12)

乳酸菌を殺菌処理したもの。金属や松脂アレルギー、スギ花粉・ハウスダストアレルギーなどを緩和したという報告があります。免疫細胞であるT細胞やB細胞に働きかけるサイトカイン産生を促進し、免疫力のバランスを整えます。

期待できる効果
  • マクロファージ活性化による抗炎作用
  • 免疫賦活活性化
摂取できる食品
  • 乳酸菌10億個キャンディ(パイン)
  • マナヴィー(アージュセルビス)

2-6-5. ラクトバチルス・パラカゼイKW3110株(乳酸菌KW3110株/KW乳酸菌)

ヨーグルトなどの発酵食品製造に使われる乳酸菌のひとつ。免疫細胞に情報を伝えるサイトカインを誘導する力があり、アレルギー症状がない通常の状態(Th1細胞とTh2細胞のバランスがよい)に戻す結果がマウス試験で確認されています。

期待できる効果
  • 花粉症によるくしゃみやかゆみの抑制
摂取できる食品
  • プラズマ乳酸菌ヨーグルトKW乳酸菌プラス(小岩井乳業)

2-7.ストレスが体に与えるトラブルの抑制を期待できる乳酸菌の種類

ストレスが体に与えるトラブルの抑制を期待できる乳酸菌の種類

2-7-1. クトバチルス・ブレビスSBC8803(SBL88乳酸菌)

大麦由来の植物性乳酸菌のひとつ。ストレスを与えたマウスが夜に睡眠時間が減少するのに対し、同じ状況のマウスにSBL88乳酸菌入りの餌を与えると睡眠障害が改善されたことがわかっています。また、幸せホルモンとも呼ばれるセロトニン放出が促されたことも確認されています。

期待できる効果
  • 睡眠の質の向上
  • 睡眠の質の向上によりストレスへの耐性があがる
摂取できる食品
  • SBL88からだにぜいたくヨーグルト(安曇野食品工房)

2-7-2.ラクトバチルス・ガセリCP2305株(プレミアガセリ菌CP2305)

カルピスが保有する乳酸菌の中から、特にストレス緩和効果があるとされた乳酸菌。大学医学部の解剖実習期間中の学生にCP2305株摂取試験を行ったところ、不安や不眠というストレスが大きく緩和されたことが確認されています。

期待できる効果
  • ストレスにまつわる不安・不眠の改善
  • 腹部不快感・食欲不振など腹部症状の改善
摂取できる食品
  • 届く強さの乳酸菌プレミアガセリ菌CP2305(カルピス)
  • ココカラケアC-23ガセリ菌(カルピス)

2-7-3. ビフィドバクテリウム・ビフィダムYIT10347(B.ビフィダムY株)

心理的ストレスから発症するとされる機能性消化管障害に悩む患者へのヒト試験で、胃腸の状態が良くなった、イライラ感が減少したという回答が得られ、さらに唾液中のコルチゾール濃度(ストレスマーカー)が低くなったことが確認されています。

期待できる効果
  • 胃腸の状態を整えることによってヒトが感じるストレスを低減する(脳腸相関)
摂取できる食品
  • BF-1(ヤクルト)

まとめ

日頃のお悩みに対応してくれそうな乳酸菌は見つかったでしょうか。乳酸菌は腸内環境により本当に必要なもの、そうでないものがあります。人によっても合う・合わないもありますし、薬ではありませんので即座に効果を期待できるものでもありません。最低でも数週間から1カ月の間、毎日コツコツと続ける必要があります。ヨーグルトや乳酸菌飲料、サプリメントであれば日常生活にも大きな負担なく取り入れられますのでじっくりと付き合ってみて、「お気に入りの一品」を見つけてください。

※上記の商品情報は、2016年7月現在のものです。