便秘に効くお茶8選!ドラッグストアやコンビニで買えるものは?

便秘に効くお茶8選!ドラッグストアやコンビニで買えるものは?

便秘で困ったとき、つい手を出してしまうのは市販の便秘薬かもしれません。しかしながら、便秘薬の中にはクセになってしまうものもあります。できれば自然に便秘解消を目指せるものを摂取しましょう。それは「お茶」です。

お茶ならば、毎日の暮らしにスムーズに取り入れることができるうえ、クセになりにくいというメリットがあります。では、どのようなものを摂取するのがよいのでしょうか。便秘の理由と、それを解消してくれるお茶についてご説明します。

1.そもそも、なぜ便秘になるの?

便秘になってしまう理由は人それぞれですが、概ね以下のように分類されます。今現在、心当たりのあるものはどれでしょうか。

1-1.【食生活の乱れ】腸内環境が悪くなった

【食生活の乱れ】腸内環境が悪くなった

食生活の乱れにより腸内に存在する善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ、消化吸収や菌によるビタミン産生がうまくいかなくなることで便秘になることがあります。悪玉菌が優位に立つと、腸が正しい活動をしなくなり、便秘を招いてしまいます。

1-2.【食生活の乱れ】食物繊維や水分の不足

【食生活の乱れ】食物繊維や水分の不足

便のかさを増やし、腸の蠕動運動(便を送り出す働き)を活発にしてくれるのは食物繊維です。そして、その食物繊維に水分が多く存在すれば、健康な便の量・質を保つことができます。食物繊維が不足すると、腸への正しい刺激が行われず、蠕動運動も減少傾向に入ってしまいます。

1-3.【運動不足】筋力不足・自律神経の乱れ

【運動不足】筋力不足・自律神経の乱れ

運動が不足すると、筋肉が細り衰えていきます。特にデスクワーク中心の方は、足だけでなく腰から背中、腹筋もあまり使いませんので、排便の際に使わなければならない筋肉の力が不足することがあります。

運動不足は、それでなくてもストレスにさらされがちな私たちの心と体の緊張をさらに高めてしまいます。運動不足によって自律神経が乱れてしまうと、それにより便秘が起こることがあります。

2.原因が食生活の乱れであれば、お茶により改善することも

原因が食生活の乱れであれば、お茶により改善することも

もしも、今経験している(もしくは日頃経験しがちな)便秘が、食生活の乱れからくるものであれば、日頃飲むお茶を他のものに切り替えることで改善できる見込みがあります。お茶は便秘解消の即効性は見込めないものの、長期的に利用できる安心感があります。

水溶性食物繊維を含むものを代表に、腸内の環境を整えたり、腸内善玉菌を増やしたりすることで排便を促すお茶があります。お茶であれば、日常生活に取り入れることもスムーズですし、薬ではないので「依存体質」になることもありません。運動やストレス解消を心がけながらお茶を利用して、自然な排便を目指しましょう。

お茶で便秘対策をしたい方に注意をしていただきたいのが、「センナ」というお茶です。効果を感じるまでの時間が短く即効性がありますし、多くの人が結果を感じるはずです。しかし、その排便効果は腸を直接刺激することから得られますので、自ら腸が働くことをやめてしまい、下剤に頼りがちな体質になってしまうことが問題となります。どうしてもセンナ茶を試してみたいときは、長期間便が出ていない「非常時のみ」とするべきでしょう。

また、通信販売で便秘解消を謳っているお茶の中には、その効果を必要以上にアピールしているものもありますので、注意をしなければなりません。下剤に近い成分を含むものも存在しますので、このようなものに頼り切るのは後に健康問題となることもあります。

センナ茶・黒豆・アロエなどのお茶には過剰に腸を刺激するもの・筋肉の収縮を引き起こすものもありますので、妊婦さんにはおすすめできません。早産を引き起こす可能性も否定できませんので、注意が必要です。パッケージに「妊娠している方・妊娠の可能性がある方は使用しない」などの記載があるものは避けるのがベストです。

3.市販されている、便秘におすすめのお茶8種類

便秘解消が見込めるお茶には、以下のようなものがあります。

3-1.食物繊維を含むお茶

食物繊維を含むお茶

ごぼう茶


  1. ごぼう茶
  2. マテ茶
  3. ギムネマ茶
  4. 杜仲茶
  5. コーン茶

水溶性食物繊維を含むごぼう茶・マテ茶・ギムネマ茶は、腸内に住む良い菌のエサとなってくれると同時に、水分を抱え込んで便を柔らかく排便しやすい状態に保ってくれます。血糖値の上昇をゆるやかにすると謳われているトクホ(特定保健用食品)のお茶にもこの水溶性食物繊維を含むものが多くありますので、自宅でゆっくりお茶を淹れる時間がない方は、コンビニでも買えるトクホのお茶を試してみるのもよいでしょう。血糖値上昇を抑制することが目的のこれらのお茶は、ダイエット目的に利用することもできますのでおすすめです。

3-2.ビタミンCを含むお茶

ビタミンCを含むお茶

ローズヒップティー


  1. ローズヒップティー
  2. 緑茶
  3. ハイビスカスティー

ビタミンCを多く摂取できるお茶です。ビタミンCもまた善玉菌のエサとなることで「よい便」を作ることに役立ってくれます。このなかでも緑茶は悪玉菌を「撃退」する作用のあるカテキンも含んでいますし、食事にも合うお茶ですので、生活に取り入れやすいものです。1日中コーヒーや紅茶が欠かせないという方は、食事のときだけでも緑茶に切り替えてみるのはいかがでしょうか。

これらのお茶はコンビニエンスストアやドラッグストア、通信販売でも手に入りますので、試したいときにすぐ入手できるメリットがあり、おすすめです。

まとめ

便秘にはいくつもの原因があります。これらを解消するために、お茶が有効です。


  • 食生活の乱れによって食物繊維の不足、便に含まれるべき水分の不足、腸内環境の悪化で便秘が起きる
  • 運動不足やストレスによって腸の動き(蠕動運動)が抑制され、自然な排便ができなくなってしまうことがある
  • 便のかさを増やしたり、便の中の水分を保つことで排便を促すには、ごぼう茶・マテ茶・ギムネマ茶・杜仲茶・コーン茶がよい
  • 善玉菌を増やして便をスムーズに排出したいなら、ローズヒップティー・緑茶・ハイビスカスティーがおすすめ
  • センナなど、腸を直接刺激するものはクセになりやすく、妊婦さんには早産の危険もあるため注意が必要

 

便秘に効くお茶8選!ドラッグストアやコンビニで買えるものは?

あなたに効果のある乳酸菌サプリが知りたくありませんか?

乳酸菌サプリメントは人によって”あう””あわない”があると言われています。また、それを見極めるためには2~4週間使い続けてみないと分かりません。

しかし、時間もお金も無駄にはしたくありませんよね。

当サイトでは、300人に効果のあった乳酸菌サプリメントについて聞いてみました。評価点をもとにランキングを付けています。あなたの乳酸菌サプリメント選びに少しでも役立てれば幸いです。